MENU

起立性調節障害の原因について

起立性調節障害の原因に関係している記事をまとめています。
治療を選択するには原因をしることも大切です。

起立性調節障害用の処方薬と子供向け健康食品

薬で問題なのは副作用依存性です。

起立性調節障害で処方される薬には
  • ミドドリン塩酸塩(メトリジン、メトリジンD錠)
  • アメニジウムメチル硫酸塩(メチル硫酸アメニジウム)(リズミック)
  • プロプラノロール(インデラル)
  • メシル酸ジヒドロエルゴタミン(ジヒデルゴット)
があります。

いづれも血圧を上げる目的のお薬になります。

ですが
お薬には必ず副作用や依存性があるため

できれば飲みたくないという方がほとんどです。

起立性調節障害のリズミック漬け
という言葉もあるくらい薬物問題は深刻です。

起立性調節障害では小児科でも
上記の血圧を上げる薬が処方される事がほとんど
です。

小さな子どもに薬を与え続けたくないと悩まれるご両親も少なくありません。
小児科に行っても「子供に血圧薬は出せない」と
ビタミン剤のみの処方で経過観察というケースもあります。
経過観察中にも子供は学校で「怠け者」扱いされてしまう為、不登校になることが増えています。

薬に頼らない方法


薬に頼らない方法としては、
朝に特化した健康食品があります。

あくまで食品ですので副作用や依存性はありません。
効果を実感できればベストな方法です。

現在、起立性調節障害に対する健康食品は
以下の2つのみです。
マインドガードDX


基本的に飲みやすくされていますが
好き嫌いはハッキリ分かれる味かと思います。


オススメの飲み方としては
フルーツ系(ぶどう系がオススメです)のジュースで割る方法です。

完全にジュースの味になります。

飲んだ体感

当サイトのスタッフに起立性調節障害で
朝起きれず遅刻や欠勤が目立つ者がおりましたので
飲んでもらいました。

体感としては
寝付きが良くなった
との事です。

結果的に
朝の起床時の身体の動かない感覚が減ったようで
以前と比べて、ぼーっとしてる事も見なくなりました。


寝る直前までスマホやテレビを見ている方に多い
起立性調節障害ですが

同じ状況のスタッフでも
改善が見受けられたので
薬を飲みたくない方では試してみるのも良いかと思います。

このドリンクは妊婦でも子供でも飲めるタイプです。

栄養機能食品メーカーに上記ドリンクを紹介すると連絡したところ
当サイト専用にお試し価格ページを用意して頂きました。
>>http://kokoronoaojiru.com/特設

キリツテイン

医学誌に掲載され
スムーズな目覚め効果が証明されている
  • 「L-テアニン」
  • 「サンテアニン」
配合のサプリメントです。
類似品がほとんどない為、かなり売れているようです。
>>このサプリの詳細はこちらの公式サイトでご確認ください

  • 子供に薬を飲ませたくない
  • 元気な「いってきます!」の声を聞きたい
  • 不登校を防ぎたい

このように悩むご両親が選んでいます。

子供を対象とした食品ですが、大人の利用者も多く
当サイトのスタッフ(25歳女性)も飲んでいます。

1粒がラムネ程度の大きさなので飲みにくいと感じた事はないようです。

低学年のお子様では粒を割ってジュースに入れて飲む方も多いそうです。
あくまで食品になるので食べ方は自由です。

寝る30分くらい前に4粒のみます。

スタッフの実感


飲みはじめて1週間ほどは変化なし。

2週間めから
徐々に起床時のめんどくささ、イライラがなくなったようです。

深夜2時ころに就寝しても夜中に目が覚める事もなく
朝にはスッキリ目が覚めるそうです。

もちろん、個人差はあるかと思いますが
出社時の顔色があきらかに違うのでウソではないかと思います。


販売元は医師の指導で開発している会社です。



返金保証つき【公式サイト】
>>http://www.kiritsutain.com/

起立性調節障害の原因・症状〜関連記事一覧記事一覧

まず、起立性調節障害とは自律神経失調症の一種です。思春期の女子に多いとされているものですが、大人になったからといってこの症状に陥らないというわけではありません。もともと起立性調節障害の子供が大人になれば、大抵の場合軽減されますが油断は禁物です。

朝起きられない子供というのは数多く居ると思います。私も実にそのまんまの子供であった事を覚えています。気がつけばそうだったという場合もあるでしょうし、昨日から突然そのようなことになったという場合もあるでしょう。そういった子供は起立性調節障害の疑いがあるわけですが、もちろん朝起きられない子供の全てが起立性調節障害というわけではありません。

朝起きるのが辛いという、一般的な悩みが具体的な悪影響を引き起こしてしまう。。。自分では、どうにかしたいと強く願っているのに身体が思うようにならない。。。起立性調節障害は子供に限らず大人も背負ってしまう可能性がある障害ですが、その違いというのはほぼありません。

起立性調節障害を引き起こす一般的かつ、大々的な原因は自律神経のバランスの乱れです。自律神経は交感神経副交感神経があり、この2つの神経によって血管の収縮、心臓の拍動などを調節しているというのはご存じの方もいると思います。

起立性調節障害の主な症状は、頭痛や眩暈ですが、特徴的な症状なのはやはり朝起きられないという事でしょうか。自分では、この時間帯に起きようとしっかり予定して眠るのですが、ついつい時間をオーバーしてしまいます。そういった事が継続定期に起こる事によって悪循環を引き起こしてしまいます。この場合、決して本人が怠けているから起きられない訳ではありませんので、周囲の人がしっかりと観察してあげる必要があります。

中学生の起立性調節障害について説明していきます。思春期にさしかかる頃にこの症状に悩まされるお子さんが増えてくると言われているのが、起立性調節障害です。とくに中学生の起立性調節障害はこれが原因で、不登校になってしまったりと生活に支障がでてしまうので本人もとてもつらい思いをする病でもあります。中学生の起立性調節障害の原因中学生の起立性調節障害の原因は、思春期の急激な体の成長の生理的な不調からくる、自律...

起立性調節障害は、特に中学生に多いとされていますが、実は高校生にも多いのです。中学生で起立性調節障害の場合、決して問題がないわけではありませんが高校生となった場合少し話が違ってきます。なぜかと言うと、高校生で起立性調節障害の子供は中退率が高いのです。高校に通いたいと気持ちはあるのに体調が優れずに朝起きられない……自然と遅刻や休みが多くなってしまいます。全日制高校を選択してしまった場合ではこのような...

起立性調整障害の判断基準はいくつかありますが、大症状に3つ以上当て嵌まると起立性調節障害の可能性があります。肝心の大症状ですが、以下の通りです。1、立ちくらみやめまいを起こしやすい。2、立っていると気分が悪くなる、ひどい場合は倒れてしまう。3、入浴時や嫌なことを見聞きすると気持ち悪くなってしまう。4、少しでも動くと動悸や息切れを起こしてしまう。5、朝なかなか起きられなくて午前中調子が優れない。

起立性調節障害における吐き気は場合によっては危険となることがあります。起立性調節障害といえば、主な症状としてめまいや立ちくらみを起こすことで知られていると思いますが、場合によっては失神してしまったり意識が朦朧としてしまったりする場合があります。

起立性調節障害の疑いがある場合には検査をすると思いますがその大まかな流れを説明します。基本的な流れを知っておくことにより、余計な不安を抱えずにすみます。まず、疑いがある場合はいくつかのチェックが必要です。代表的な症状に3つ以上当てはまってから詳細な問診や診察、検査に入ります。

起立性調節障害を抱えている子供への対処で、やってはいけない事がいくつか存在します。起立性調節障害の子供は自分で怠けたくて陥っている訳ではありませんから、まず「気合でどうにかしろ」などと無理矢理改善させようとしてしまうことは厳禁です。精神的な弱さが原因となっていることもあるのですが、何より、自分でコントロールできない、、、という点に問題がある事を意識しておいてください。

起立性調節障害の疑いがある場合、一体何科を受ければいいのか迷う事もあるかと思います。その症状も多岐にわたることが多いですので、どういった行動をとれば良いのか、迷ってしまう方も少なくないでしょう。

起立性調節障害は治るのか気になる方は多くいると思います。どのような状態を治るとするのかは人それぞれですから一概には言えませんが、日常生活において起立性調節障害によって伴う支障が少なくなるという状態には出来ます。改善へは、確実に向かうこと言えるでしょう。

起立性調節障害にはメラトニンという睡眠サプリメントが有効とされていますが、日本では認可が下っていませんので、個人ではネットなどからの個人輸入しか手に入れる方法がありません。個人輸入以外では医師による処方となります。個人輸入はトラブルも多いので注意が必要です。メラトニンは小児慢性疲労症候群(CCFS)の治療に用いられる薬(サプリメント)薬の位置づけです。副作用や依存性も少なからず存在しますので医学的...

成人している方の起立性調節障害の対処法ですが、成人しているからといって子供の起立性調節障害患者と対処法が変わるというわけではありません。成人しても治らなかった成人してから初めて症状が認められたどちらであっても関係はありません。症状に変わりがある訳ではありませんから、基本的なことは同じになります。

起立性調節障害と診断された子供は、ストレスも大敵となります。直接的な発症条件ではありませんが、精神的なストレスから起立性調節障害の症状が出たり現状から更に悪化してしまったりということは珍しくありません。

起立性調節障害は不登校の隠れた原因とも言われています。ある日突然子供が朝起きられなくなった不登校になってしまったというのは今では珍しい話ではないように思います。