MENU

起立性調節障害の薬


起立性調節障害の薬物療法としては、次のような薬物を用いて治療します。

 

メトリジンの効果と副作用

 

(作用と効果)
末梢欠陥を収縮させて、血圧を上昇させる作用があります。心臓や脳の血管にはほとんど作用しません。
効果はゆるやかに現れるため、しばらくは様子をみます。

 

(副作用)
頭痛、悪心、腹痛、発疹、立毛感(鳥肌)、そう痒感(かゆみ)、蕁麻疹、発赤などが報告されています。

インデラルの効果と副作用

 

(作用と効果)
β受容体遮断作用により血圧を低下させ、また心拍数を下げて狭心症の発作を予防し、頻脈性不整脈を抑制します。通常、本態性高血圧症(軽症〜中等症)、狭心症、不整脈、偏頭痛発症抑制などの治療に用いられます。

 

(副作用)
徐脈、めまい、発疹、蕁麻疹、視力異常、霧視、涙液分泌減少などが報告されています。

 

また、倦怠感、呼吸困難、全身のむくみ(心不全)
徐脈、脈がとぶ、意識障害(徐脈、房室ブロック)
たちくらみ、めまい、失神(失神をともなう起立性低血圧)
鼻や歯茎からの出血、あざ、皮下出血(血小板減少症、紫斑病)
息切れ、呼吸困難、喘鳴(呼吸困難、気管支痙攣)

 

このような症状が現れた場合には使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

ジヒデルゴットの効果と副作用

 

(作用と効果)
血管収縮作用により血管の緊張を適度に高め、偏頭痛の発作や、起立時に血液が下半身に貯蓄するのを防いで、起立性低血圧をおきにくくします。メトリジンなどの塩酸ミドドリンで効果がない場合に使います。通常、偏頭痛(血管性頭痛)、起立性低血圧の治療に用いられます。

 

(副作用)
悪心、嘔吐、食欲不振、発疹、そう痒感、眠気、口渇、動悸、手指冷感、呼吸困難、顔面浮腫、咳、胸や腰、背中が痛むなどが報告されています。

リズミックの効果と副作用

 

(作用と効果)
間接的に交感神経機能を促進させて、血圧上昇させます。

 

メトリジンなどの塩酸ミドドリンで効果がない場合に使います。

 

通常、本態性低血圧、起立性低血圧、透析施行時の血圧低下の改善に用いられます。

 

(副作用)
動悸、頭痛、吐き気、嘔吐、ほてり感、高血圧、発疹、湿疹、蕁麻疹などが報告されています。

エホチールの効果と副作用

 

(作用と効果)
心筋の収縮力を増加させ、全身に送り出す血液量を増加させて血圧を上昇させます。

 

通常、低血圧(本態性、症候性、起立性)の治療に用いられます。

 

(副作用)
動悸、口渇、吐き気、発疹などが報告されています。

グランダキシンの効果と副作用

 

(作用と効果)
中枢の視床下部に作用して、自律神経系のアンバランスを改善します。

 

自律神経失調症などおける頭痛や動悸、倦怠感、発汗などの治療に用いられます。

 

 

(副作用)
眠気、ふらつき、口、悪心、嘔吐、食欲不振、便秘、腹痛、倦怠感、脱力感、発疹、かゆみ、発熱、顔面浮腫などが報告されています。

パキシルの効果と副作用

 

(作用と効果)
脳内の伝達物質(セロトニン)に作用し、抗うつ作用や抗不安作用を示し、憂鬱な気持ち、不安、イライラ感、やる気がなくなる、食欲不振、不眠、突然の激しい不安、強迫観念、人前での角な不安や緊張などの症状を改善します。

 

 

(副作用)
吐き気、眠気、口渇、めまい、便秘、頭痛などが報告させています。

 

また、
不安、興奮、手の震え(セロトニン症候群)
急激な発熱、筋肉のこわばり、意識障害(悪性症候群)
考えがまとまらない、現実には存在しないものが見えたり、ない音が聞こえる、筋肉が発作的収縮する状態(錯乱、幻覚、せん妄、痙攣)
けいれん、意識の低下、頭痛(抗利尿ホルモン不適合分泌症候群)
からだがだるい、白目が黄色くなる、食欲不振(肝機能障害)

 

このような場合には使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

起立性調節障害用の処方薬と子供向け健康食品

薬で問題なのは副作用依存性です。

起立性調節障害で処方される薬には
  • ミドドリン塩酸塩(メトリジン、メトリジンD錠)
  • アメニジウムメチル硫酸塩(メチル硫酸アメニジウム)(リズミック)
  • プロプラノロール(インデラル)
  • メシル酸ジヒドロエルゴタミン(ジヒデルゴット)
があります。

いづれも血圧を上げる目的のお薬になります。

ですが
お薬には必ず副作用や依存性があるため

できれば飲みたくないという方がほとんどです。

起立性調節障害のリズミック漬け
という言葉もあるくらい薬物問題は深刻です。

起立性調節障害では小児科でも
上記の血圧を上げる薬が処方される事がほとんど
です。

小さな子どもに薬を与え続けたくないと悩まれるご両親も少なくありません。
小児科に行っても「子供に血圧薬は出せない」と
ビタミン剤のみの処方で経過観察というケースもあります。
経過観察中にも子供は学校で「怠け者」扱いされてしまう為、不登校になることが増えています。

薬に頼らない方法


薬に頼らない方法としては、
朝に特化した健康食品があります。

あくまで食品ですので副作用や依存性はありません。
効果を実感できればベストな方法です。

現在、起立性調節障害に対する健康食品は
以下の2つのみです。
マインドガードDX


基本的に飲みやすくされていますが
好き嫌いはハッキリ分かれる味かと思います。


オススメの飲み方としては
フルーツ系(ぶどう系がオススメです)のジュースで割る方法です。

完全にジュースの味になります。

飲んだ体感

当サイトのスタッフに起立性調節障害で
朝起きれず遅刻や欠勤が目立つ者がおりましたので
飲んでもらいました。

体感としては
寝付きが良くなった
との事です。

結果的に
朝の起床時の身体の動かない感覚が減ったようで
以前と比べて、ぼーっとしてる事も見なくなりました。


寝る直前までスマホやテレビを見ている方に多い
起立性調節障害ですが

同じ状況のスタッフでも
改善が見受けられたので
薬を飲みたくない方では試してみるのも良いかと思います。

このドリンクは妊婦でも子供でも飲めるタイプです。

栄養機能食品メーカーに上記ドリンクを紹介すると連絡したところ
当サイト専用にお試し価格ページを用意して頂きました。
>>http://kokoronoaojiru.com/特設

キリツテイン

医学誌に掲載され
スムーズな目覚め効果が証明されている
  • 「L-テアニン」
  • 「サンテアニン」
配合のサプリメントです。
類似品がほとんどない為、かなり売れているようです。
>>このサプリの詳細はこちらの公式サイトでご確認ください

  • 子供に薬を飲ませたくない
  • 元気な「いってきます!」の声を聞きたい
  • 不登校を防ぎたい

このように悩むご両親が選んでいます。

子供を対象とした食品ですが、大人の利用者も多く
当サイトのスタッフ(25歳女性)も飲んでいます。

1粒がラムネ程度の大きさなので飲みにくいと感じた事はないようです。

低学年のお子様では粒を割ってジュースに入れて飲む方も多いそうです。
あくまで食品になるので食べ方は自由です。

寝る30分くらい前に4粒のみます。

スタッフの実感


飲みはじめて1週間ほどは変化なし。

2週間めから
徐々に起床時のめんどくささ、イライラがなくなったようです。

深夜2時ころに就寝しても夜中に目が覚める事もなく
朝にはスッキリ目が覚めるそうです。

もちろん、個人差はあるかと思いますが
出社時の顔色があきらかに違うのでウソではないかと思います。


販売元は医師の指導で開発している会社です。



返金保証つき【公式サイト】
>>http://www.kiritsutain.com/